大学を中退したことに関して、面接では何と答えればよいですか?


大学を中退したことに関して、面接では何と答えればよいですか?



大学を中退して就職活動をするとなると、面接では、なぜ中退したかについては確実に聞かれるでしょう。質問者さんが、どういう理由で大学を中退してしまったのかはわかりませんが、本人に否が無い中退か、否が有る中退かで、その回答は変わってくると思います。

本人に否が無い中退について

これはもう正直に言ってしまった方が良いと思います。家庭の事情であったり、本人の健康状態であったり、金銭の問題であったり、その他諸々の、大学に通い続けて勉強をしたかったが、やむにやまれぬ事情で中退せざるを得なかったという旨を伝えたら、きっと納得してもらえるはずです。

本人に否が有る中退について

これは本当に難しい。ハッキリ言ってしまうと、中退した理由が何であろうが、本人に否が有る場合、結局は、ただただ中退したというだけの話になります。

大学は勉強をする場所であるという大前提がある以上、遊びまわって真面目に学校に通っていなかった人だろうが、学校に通ってはいなかったが真面目にバイトはしていた人だろうが、理由を正直に答えたところで、面接官は、自分に与えられたものに対して、前向きに取り組んでいなかった人なのだと認識するでしょう

なので、あまりにもバカ正直に答えるのは得策とは言えません。
かと言って、いかにも本人に否が無い中退だったかのような、嘘偽りの言い回しも良くありません。

ここでベストなのは、「大学の勉強に真面目に取り組む意志はあったが、どうしても自分には合わなかった。」といった感じの言い回しです。「ヤル気」は有ったことと、「自分の意志」でスパっとやめたということを伝えることが出来れば、本人に否が有る中退でも、マイナスを感じさせません。

さらに、今から始める仕事に対して非常に興味があり、前向きな気持ちで面接に臨んでいるということを続けてアピールできれば大成功です。それができれば、面接官も、質問者さんが中退をしたことに関して必然性があったと認識すること間違いなしです。

当たり前ですが、面接官は仕事に対して前向きに取り組んでくれる人を探しています。大学の講義にすら前向きに取り組むことが出来なかった人が、ウチで前向きに仕事をしてくれるだろうか?と不安にさせるような回答は絶対に避けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る