社会福祉士の資格を取得して、福祉関係の仕事をしたいのですが…


社会福祉士の資格を取得して、福祉関係の仕事をしたいのですが、民間の施設ではどんな仕事をするのかよくわかりません。
病院などでしたら、仕事内容のイメージもできるのですが、民間にもボラティアで参加してみたのですが、どうもわからなかったので質問させていただきました。


どんな福祉関係の仕事をしたいのでしょうか。
福祉は、老人の入所やデイサービスなどの通所施設、身体傷害者や知的傷害者、精神傷害者など施設は様々です。

しかも、その施設ごとに1日のカリキュラムは違っていて、何をしなければいけないという決まりはありません。

たぶん質問者さんも何ヵ所か回られるうちに違いがありすぎてわからなくなったのではないでしょうか。

病院なら治療や回復をさせるために、薬やリハビリなどの方針が決められるわけですが、これが民間の施設になると、決まったマニュアルがある所の方が少ない現状です。
それは、利用者の状況が様々で、マニュアルで決めてしまうと柔軟な対応ができないことにもあります。

そのため、利用者の対応は施設内で話し合われ、それにあった形をとっているところが多いと思います。
大きないくつもの認可された施設をたばねた法人でしたら、マニュアルや指導要領がある場合もあります。

施設で何をするのかですが、その利用者の様子や行動で違います。
知的や精神障害の施設では、軽度の利用者が内職的な作業や自主製品としてバザーで販売するようなものを作ったりしています。

職員は、そのサポートや検品、販路を考えたりする仕事と、食事やトイレ介助、散歩や話し相手など多方面にわたります。もちろんやり方や取り組み方は施設によって様々です。

中には、このやり方が利用者にとって正しいのだろうかと疑問に感じるものもあると思います

その反面、自由に仕事に取り組めるというメリットでもあります。マニュアルにしばられず仕事をしていくいちに、利用者の方の新たな一面が見えたり、笑顔を見ることがやりがいにつながったりします。

まずは、どんな施設で働きたいのかを考えてもらって、もう少しボランティアなどの経験を積んで、自分なりの指導方法や関わり方の基本となるものをもってもらうのも大切だと思います。

その自分の考えと施設での実践の中から、自分なりの施設に対してのイメージを持つのがいいと思います

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る