学歴社会ではなく能力主義と言われていますが、まだまだ学歴で判断されることは多いです。その中、当サイトでは、高卒の求人が多い就職サイトの紹介をしています。

高卒者に絶対必要!就職までの5の流れ

いまは業種によっては空前の人手不足のために倒産が起こっていますが、人材市場全体にもゆるやかな採用拡大ムードで、以前から就職を希望していた高卒者の男女にとっても就職活動に本格的に取り組む時期が到来しました。

就職準備の始め方

 就職について、周囲の家族の人に相談をしてみましょう。周囲の協力や理解があると就職活動は何事もスムーズです。会社によっては入社の際に「身元引受人」を求められることもありますので、親戚をあたってみましょう。

【参考記事】
無理のない計画で無理のない就職活動を
市場価値で就職活動の方向性を見出そう
就職活動のタイミングの見極め方
高卒で就職するなら苦手な電話応対を克服しよう

求人情報は積極的に収集

 求人サイトは相性のよいものを積極的に活用しましょう。3社には登録をして求人メールを毎日チェックするようにします。それからハローワークの無料就職セミナーに参加すると、応募書類の添削や模擬面接も無料で受けられます。

【参考記事】
仕事探しで重視したいこと
ポイントを押さえて求人票をチェックしよう
これを知っていればブラック企業は見破れる
幾つかの観点から考察する、正規雇用と非正規雇用の違い

履歴書は必ずチェックしてもらおう

 応募書類は書きあげたら第三者にチェックしてもらうとずっと良くなります。転職エージェントに登録すれば添削をしてくれます。高卒者でも利用できますので積極的に登録しましょう。志望動機欄はしっかり埋めましょう。

【参考記事】
履歴書には多角的な自己PRを
記載する内容に合わせて選びたいフォーマット
履歴書の学歴欄記入の際の注意点
資格を持っていない人の履歴書の書き方を学んでおきましょう

面接は当日だけが勝負じゃない

 面接本番は最寄駅に降り立った時点で面接がスタートしています。コンビニで立ち読みしたり、携帯でおしゃべりしたりするのはNG。高卒なら毎日、新聞の「経済面」をチェックする癖をつけましょう。時事系の質問の対策になります。

【参考記事】
自己紹介の流れと内容
面接での長所と短所の伝え方
自分なりの面接対策をしておこう

入社までにしておく事

 入社日は転職先の人事の要望に合わせるようにするとよいでしょう。お世話になった採用担当に電話をかけて“なぜ自分が採用されたのか?!”質問すると、会社が自分に期待している点が分かります。。転職先に提出する書類を準備しましょう。

【参考記事】
入社直後の挨拶のポイント
入社前に徹底したい会社と自分のチェック
内定後すぐに行いたい業界予習
当然のことから意外なことまで!初出勤までにしておきたいことをチェック!
試用期間とはどういったものなのか|少し中身を精査してみましょう

ページ上部へ戻る